デジタル世界と現実世界をつなげ

ファーストラインワーカを活発化させる

DataMesh Director

For Apple Vision Pro

早速、ご自分の空間計算のコンテンツを作成してみませんか

パワポを編集する要領で
簡単に空間計算のコンテンツを作成

プログラミングのスキルがなくても、ドラッグ&ドロップのような簡単な操作で、空間投影のシナリオを作成することができます。エフェクト、音声、アニメーション、インタラクションをワンクリックで追加し、没入感のある空間体験を簡単に作成することができます。コーディングせずに、ご自分の空間計算のアイデアを実現してみましょう。

素晴らしいXR体験
直感的な操作

3Dモデルをワンクリックで分解させ、内部構造が一目両全です。気流、水流、信号の流れなど、抽象的な事象を空間上に投影し、具象化させることにより、複雑な説明をしなくても、相手に分かりやすく理解して頂けます。また、複雑な操作手順をステップバイステップで分解し、動的な3D手順を空間上に再現することにより、複雑な内容が簡単に理解できる内容になります。

超安定的な第三者視点で
面白く多彩な空間体験をほかの人と共有

空間上での位置決め機能とコラボレーション機能を利用し、Apple Vision Pro、iPhone、iPad、または他のAR/VRデバイスを利用する方とコラボレーションを行うことができ、相手が第三人称視点で同じ空間を体験することができます。第三人称視点は、第一人称視点でよくある視角の揺れ問題を効果的に低減させることができ、ほかの方により快適な空間体験を共有することができます。

FBX GLB OBJ STL 3MF PLY

多種多様なフォーマットのモデルに対応可能
開発コストを削減

数多くの3Dモデル形式に対応可能なため、DataMesh Directorで作成された3DコンテンツがスムーズにApple Vision Proで再生できます。USD形式の変換に伴う問題に悩まずに、既存のデジタルリソースをすぐ利用し、より簡単かつ楽しくし創作することができます。

独自の空間計算アプリケーションを始めてみましょう

Apple Vision Proで使用する独自のアプリケーションを作ってみませんか?DataMeshはXRアプリケーションの開発ツールを数多く提供しています。FactVerse SDKを使用することで、ゼロから開発せず、DataMesh Directorの3Dコンテンツ投影機能を独自のアプリケーションに統合し、簡単に空間計算のアイデアを実現させることができます。

FactVerse SDK

空間計算に基づくトレーニングソリューション

DataMesh Directorは、教育トレーニングの場面において、学習からテストまで、ワンストップなサポートを提供いたします。教師役は、学習者に対するにグループ分け、、トレーニング内容のカスタマイズ、学習者の進捗と成績の管理などを簡単に行い、、また、進捗と成績データに基づいてトレーニング内容を改善することができます。学習者は、コンテンツ資料の閲覧、シミュレーション、テストを効率よく行うことができます。

DataMesh DirectorはApple Vision ProのApp Storeにリリースしました

Apple Vision ProのApp Storeで「DataMesh One」(ビューアープラン)を検索してインストールすることができます。また、PC/MacのApp Storeで「DataMesh Importer」(リソースをインポートするアプリ)」および「DataMesh Studio」(エディタアプリ)を検索してインストールすることができます。

FactVerse Expressを使用し、簡単に体験できます

FactVerse Express で、事前にシナリオを編集する必要がなく、Apple Vision Proで自動車生産ライン、ジェットエンジン、コーヒーメーカーなど、様々3Dコンテンツの投影効果をすばやく体験、。、することができます!