デジタル世界と現実世界をつなげ ファーストラインワーカを活発化させる

DataMesh Director

3D コンテンツを簡単に作成

DataMesh Directorは、CADデータ/BIMデータなど、既存の3Dアセットを利用し、パワーポイントを編集する要領でドラッグ&ドロップという直感的的な操作で簡単かつ素早く3Dコンテンツを作成することができます。また、IoTデータとリアルタイムに連携し、物理世界とマッピングすることができます。また、複数ユーザー、複数ARデバイスの間での遠隔コラボレーションを行い、3Dマニュアル、操作トレーニング、メンテナン支援、アフターサービスなどの場面で活用可能です。

DataMesh Director is composed of content creation app DataMesh Studio and collaboration app DataMesh One.  DataMesh Studio supports macOS, iPadOS, and Microsoft Windows 10. DataMesh One App is available on Apple iOS App Store, Android APK, Microsoft Store, Nreal, LLVision, Shadowcreator, Magic Leap. Certain platforms may have different feature sets due to hardware limitations.

CAD/BIMサポート

DataMesh Directorは、CADデータ/BIMデータなど多種多様な拡張子の3Dアセットのインポート、修復、形式変換、軽量化処理などが簡単にできます。

IoTデータ連携

IoTシステムと連携することによって、製品、設備などの情報や操作マニュアルを簡単に可視化させることができ、人と人、人と機械の間の情報交換の障壁を打ち破り、作業コストを大幅に削減することできます。

企業の安全とプライバシー

AADアクセス認証とSSOなどエンタープライズレベルの安全対策に対応し、ワンクリックで組織内のコラボレーションを行うことができます。また、データスクラビングポリシーの即座のサポート、GDPRコンプライアンスの準備が完了です。

PPTを編集する要領で作成可能

DataMesh Directorは誰ノープログラミングツールとして、IT知見のない方でも簡単に利用、3Dコンテンツを作成するこすとを大幅に低減させることができます。3Dガイダンスや3D製品説明、営業支援などの場面で活用可能です。

遠隔コラボレーション

クラウドにてコンテンツ管理、遠隔コラボレーション、データ駆動型とデータの前処理、標準化されたデータ連携のインターフェースを提供し、サードパーティアプリケーションにも対応可能であり、同時に数百人の間でコラボレーション(遠隔可)を行うことが可能です。数百人の同時接続

多機器シーンの適用

主要なXRデバイスやスマートフォン、タブレットをサポートし、空間認識とコンテンツの共有を通じて、教育トレーニング、共同設計、BIM、アフターセールスおよびマーケティング、ARショッピング案内など、さまざまなシーンで利用可能です。

CES Asiaプロダクトイノベーションアワード

FASTCOMPANYベストイノベーションデザインアワード

--

活用シーン

遠隔コラボレーション

複数人&複数デバイスの間で共同作業を行い、同時に動的な3Dコンテンツを見て、ミュニケーション効率を向上

教育トレーニング

誰でもゼロコードで動的な3Dコンテンツの作成、投影することができ、トレーニングコストを低減させることができます。

アフターセールスサポート

仮想オブジェクトを単独で投影したり、実物を重畳して投影したりし、操作手順を見える形で目の前に投影することができます。アフターサービスの応答時間を短縮させ、ブランド価値を向上させることができます。

AR展示プロモーション

360度から製品の外観や内部構造、動的な動きなどを展示し、プロモーションや展示会などの場面で活用可能です。

レイアウトプランニング

実物と1:1の仮想オブジェクトを投影しすることができ、レイアウト計画や干渉確認などの場面で活用可能です。

遠隔診断

遠隔にいる専門家と対面しているように診断してもらい、効率よくコミュニケーションすることができます。

対応デバイス

DataMesh Director は、マルチデバイスの間でXR共同作業を実現可能です。編集エディタはWindows PC、Macに対応し、ビューワー側はApple iPad/iPhone、Apple Vision Pro,、Microsoft HoloLens 2,、Meta Quest 3,、ARCore機能のあるAndroidデバイス、Snapdragon Spaces シリーズのAR/MRグラスなどに対応可能です。

DataMesh Directorは、SaaSサブスクリプションとオンプレミス両方対応可能です。